EYN EYNDIS(縁出寿)

アクセスカウンタ

zoom RSS EYN 愛の課題

<<   作成日時 : 2005/06/01 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

EYN 愛の課題

 愛の課題というものは、非常に大切なものである。子供や単なる好奇心で異性で性にふける事ではないのである。よって、ライクスキンシップというものがある。単なる、セクシャルという性的悪戯であるならば、同性で充分なのである。異性でそれをやることは、本来は誤りなのである。女性が性的おもちゃになることはいけないことなのである。TVや映画では、異性での恋愛者が多いがそれは愛という課題で最終的なものであり、愛の過程の過渡期というものはTVや映画にはできないものなのである。EYNDISや文明国家においては、TVや映画が進展する前は、そういうことは常識であえて表にはしなかった事である。しかし、その事が返って、TVや映画の見過ぎにより、異性での性的悪戯によるセクシャルが流行ってしまったのである。これは、文明の行き過ぎが返って人間に災ってしまったといってよい。その結果、HIYER EYNDISでは本当の恋愛でなく結婚し子供までいる状態が人類の今日である。これは、愛の過程が壊れた事を意味し、愛の課題の失敗である。一生で異性で出来てしまう人間は、2〜3人はいるというがそれ以上は、異常なのである。異性で2〜3人で完全の愛の過程が出来るといったら、嘘ではないが奇跡に近いといってよい。そうなると、若い時には良くある同性への憧れの一直線上という同性でのライクスキンシップで性の事は学び、セクシャルという性に対する悪戯心は片を付けておいて、愛の過程が終了した後、異性での最終的な愛の課題に入るべきなのである。これは、TVやラジオでは言えないし、やってもそう言う事もあるんだよとのヂェスチャー程度のものになるのが極普通であるといえるのである。あまり異性でふけると、排他者というものになり、排他型うつ病というものも否定できなくなる。不思議と同性では無いものである。昔、JAPANという島国においては、侍という武士がいて1000人切りとかいって異性で性にふけったともあるが、それは本来の道徳美ではないのである。それは、本来は野蛮とされた事なのである。最後は、排他者か排他型うつ病で死んでいったのでしょう。そんな事は、武士みたいな事は現代人がしなくていい事である。排他者か排他型うつ病が怖ければ、異性でふけるような真似はしない方がいい。排他者だなんてとんでもないし、普通じゃない極めて治らないうつ病である排他型うつ病というものも非常に恐ろしいことである。


                     EYN 内閣府 内閣総理大臣 伊藤博文
                     EYN 三法省 文明庁 霊長類研究室
                     EYN 縁運省 AARRA

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
EYN 愛の課題 EYN EYNDIS(縁出寿)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる